京成,「旧博物館動物園駅」駅舎が東京都選定歴史的建造物に認定される

京成,「旧博物館動物園駅」駅舎が東京都選定歴史的建造物に認定

京成電鉄は,「旧博物館動物園駅」駅舎が,景観上重要な歴史的価値をもつ建造物として,2018年4月19日(木)付けで東京都選定歴史的建造物に選定されたと発表した.東京都選定歴史的建造物に鉄道施設が選定されるのは,今回が初めてとなる.
 博物館動物園駅は1933(昭和8)年12月,上野線(現:京成本線)の上野公園(現:京成上野)—日暮里間の開業にあわせて開設された.当時,駅舎の建設予定地が御料地であったため,御前会議で昭和天皇の勅裁を受けての建設となった.こうした事情が考慮されてか,駅舎内外の意匠は西洋風の荘厳なつくりとなっている.開業以後,帝室博物館(現:東京国立博物館)や恩賜上野動物園の最寄り駅として利用されてきたが,利用者の減少により,1997(平成9)年に営業休止,2004(平成16)年に廃止となった.駅舎やホームなどは当時の姿が残されている.
 「旧博物館動物園駅」駅舎の位置する一帯は,上野「文化の杜」新構想において,谷中・根津・千駄木・日暮里・上野公園をつなぐポイント「アート・クロス」として,上野エリアにおける新たな文化拠点としての役割を担うことが期待されており,京成電鉄では,「旧博物館動物園駅」駅舎の歴史的価値が認められたことをひとつのきっかけとして,同駅舎を保存・活用することにより,上野エリアの魅力向上に貢献するとしている.駅舎の傷みや汚れなどを改修する工事を実施するとともに,駅舎の活用方法について,国立大学法人東京藝術大学と2017(平成29)年6月に締結した「連携・協力に関する包括協定書」にもとづき,同大学と検討を進める.なお詳細については,決定次第,発表される予定.

写真:「旧博物館動物園駅」駅舎(京成電鉄のニュースリリースから

掲載

鉄道ファン2018年12月号

鉄道ファン2018年12月号(通巻692号)
発売日:2018年10月20日
特別定価(本体1139円+税)