奈良線 新田駅東口改札・東口駅前広場を5月28日から供用開始

奈良線 新田駅東口改札・東口駅前広場を5月28日から供用開始

JR西日本は,奈良線 新田駅東口改札・東口駅前広場を2018(平成30)年5月28日(月)14時から供用開始すると発表した.
 同駅では,駅東側からの乗客の利便性向上を図るため,2017(平成29)年10月から東口駅前広場および東口改札の整備を宇治市とともに進めてきた.
 東口改札はデザインコンセプトを「新田の歴史継承と東口発展をリードする新しい玄関口」とし,自動改札2通路,券売機・精算機が1台ずつ設置される.また,無人改札に対応するためのカメラ設備も設置される.
 駅東側に幅員4メートルの歩道を備えた駅前広場を整備し,歩行者の動線確保とマイクロバス程度の車両からの乗降が可能になり,広場車両乗降場から東口駅舎入口までシェルターが設置される.また,駅前広場と東口改札口の段差解消として,バリアフリーの基準に合致したスロープが設置される.
 なお,供用開始を記念して,5月28日10時から,東口駅前広場にて宇治市と共催で供用開始式典が開催される.

掲載

鉄道ファン2018年7月号

鉄道ファン2018年7月号(通巻687号)
発売日:2018年5月21日
特別定価(本体1139円+税)