EF64 1052が旧客をけん引

EF64 1052が旧客をけん引

JR東日本では,2018(平成30)年4月14日(土)・15日(日)に,東北本線郡山—仙台間で運転された快速“レトロ花めぐり号”に使用された,高崎車両センター高崎支所所属の旧形客車5両が,4月16日(火)から翌17日(水)にかけて,高崎まで返却されました.
 16日(月)の仙台→尾久間は田端運転所所属のEF81 81が,17日(火)の尾久→高崎間は高崎車両センター高崎支所所属のEF64 1052が,それぞれけん引しました.EF64 1052は,ぶどう色2号に白帯をまとった塗装に変更されて以来初めてのけん引であったこともあり,注目を集めました.

写真:大宮—宮原間にて 2018-4-17

掲載

鉄道ファン2018年10月号