京成,千葉中央駅西口ビルを建て替えへ

京成,千葉中央駅西口ビルを建て替えへ

京成電鉄では,千葉中央駅直結の「千葉中央駅西口ビル」について,建替えに着手すると発表した.
 千葉中央駅西口ビルは1967(昭和42)年に開業し,現在はフードコートやレストランなどが入居しているが,老朽化が進んだことから,建替えを実施する.2018(平成30)年8月に工事着工し,2021年秋の竣工を予定している.
 新しいビルは地上8階建ての鉄骨造で,1階から6階が商業・オフィス部分,7・8階にはホテルの入居を予定し,京成電鉄は,駅前のにぎわい創出や千葉中央エリアの活性化をめざすとしている.

写真:京成電鉄のニュースリリースから

掲載

鉄道ファン2018年10月号