山陽電車×台鉄,使用済み乗車券での相互交流サービス期間を延長

山陽電車×台鉄,使用済み乗車券での相互交流サービス期間を延長

山陽電気鉄道および台湾鉄路管理局は,2018(平成30)年3月まで使用済み乗車券を用いた相互交流サービスを実施しましたが,今回対象の券種を追加して,2019(平成31)年3月31日(日)まで実施期間を延長しています.

延長期間 2019(平成31)年3月31日(日)まで
内容 ●台鉄でのサービス(日本の利用者向け)
 山陽電車の8種類の1dayチケットのうち,いずれか1枚(使用済み)を台鉄台北駅または瑞芳(ずいほう)駅に持参し,パスポートを呈示した方に,台鉄の「東北角一日券」がプレゼントされます.
※呈示された1dayチケットは回収され,返却されません.
※「東北角一日券」は,台鉄の平渓(へいけい)線,深澳(しんおう)線,瑞芳駅—頭城(とうじょう)駅が1日乗り降り自由です(台北駅から瑞芳駅までは別途運賃NT$49が必要).
※山陽電車でのサービス(台湾の利用者向け)については,山陽電鉄ニュースリリース(PDFファイル)をご覧ください.
対象乗車券 2018(平成30)年4月1日(日)から2019(平成31)年3月31日(日)に発売した下記の8種類の1dayチケット
●阪神・山陽シーサイド1dayチケット
●三宮・姫路1dayチケット
●阪神・明石市内1dayチケット
●三宮・明石市内1dayチケット
●垂水・舞子1dayチケット(阪神版)
●垂水・舞子1dayチケット(三宮版)
●垂水・明石1dayチケット
●垂水・姫路1dayチケット
問合せ先 山陽電気鉄道株式会社 鉄道営業部 営業課
 電話:078-940-5132
ご案内 山陽電鉄×台鉄「使用済み乗車券での相互交流サービス期間」の延長について(山陽電気鉄道WEBサイト)
掲載

鉄道ファン2019年2月号