琴電に「京急ラッピング車両」が登場

琴電に「京急ラッピング車両」が登場

京浜急行電鉄は,2018(平成30)年4月16日(月)から,高松琴平電気鉄道の1080形車両(1編成2両)に,京急電鉄2100形をモデルとした,全面ラッピングを施すと発表した.
 これは京急電鉄の羽田空港国内線ターミナル駅が,2018(平成30)年11月18日(日)に開業20周年を迎えることと,同社から琴電に譲渡された1000形が,現在も1080形として活躍していることを記念したもの.
 また,運転開始日には,仏生山駅にて,ラッピング車両運行記念「出発式」を行なう.出発式では,ラッピング車両のお披露目をするほか,当時1000形の整備を担当し,車両を知り尽くした京急職員が当時の思い出を紹介し,京急と琴電の友好の証として記念品の交換を実施する.
 なお,京急では,今回の羽田空港国内線ターミナル駅開業20周年を記念して,今後も全国各地でのラッピング車両の運転をはじめ,さまざまな企画を実施する.

写真:京浜急行電鉄のニュースリリースから

掲載