山田線移管区間の駅愛称が決定

三陸鉄道では,2019(平成31)年3月23日(土)に三陸鉄道へ移管される予定の山田線釜石—宮古間と,2019年度中に北リアス線に新設される新田老駅の駅愛称を発表した.
 駅愛称は,2018(平成30)年1月4日から2月20日まで公募さたもので(鉄道イベント1月4日掲載記事参照),岩手県内外から総計2460点の応募があった.
 各駅の愛称は,磯鶏が「松原の想い出」,八木沢・宮古短大が「八木沢川のせせらぎ」,津軽石が「鮭の町」,払川が「新たな希望」,豊間根が「まつたけの里」,陸中山田が「海のオランダ島」,織笠が「鮭まつる川」,岩手船越が「本州最東端の駅」,浪板海岸が「片寄波のサーフサイド」,吉里吉里が「鳴き砂の浜」,大槌が「鮭とひょうたん島の町」,鵜住居が「トライステーション」,両石が「恋の峠 愛の浜」,新田老駅が「真崎の紺青(こんじょう)」となっている.

掲載

鉄道ファン2018年12月号