南海高野線高野下—極楽橋間,3月31日から運転再開

南海電気鉄道 31000系

南海電鉄では,2017(平成29)年10月に発生した台風21号の影響により,高野線の上古沢駅構内で線路支障が発生し,高野下—極楽橋間の上下線で運転を見合わせていたが,このほど同駅の復旧工事が完了し,2018(平成30)年3月31日(土)の始発から運行を再開すると発表した.
 運行再開にあわせて,多客時の輸送力確保を目的に,上古沢駅にあった列車交換設備を下古沢に移設する.また,列車交換設備の移設にともない,橋本—高野山間の一部ダイヤ修正とケーブルカー(鋼索線)の時刻を変更する.なお,難波—橋本間と運転本数の変更は行なわれない.

写真:南海電気鉄道31000系  編集部撮影  小原田検車区にて  1999-3-9(取材協力:南海電気鉄道)

掲載

鉄道ファン2019年2月号