能勢電鉄7200系の外観に小変化

能勢電鉄7200系の外観に小変化

能勢電鉄では,2018(平成30)年3月18日(日),川西能勢口駅5号線にて,『7200系導入記念イベント』が開催されました.
 7200系は阪急電鉄から譲渡され,能勢電鉄でのワンマン運転向けに各種改造が施されていましたが,営業運転を前に,さらに車体肩部のマルーン色とアイボリー色との境にゴールドのラインが入れられ,乗務員室用扉上部ではゴールドのラインが,わずかながら上下に切り返され,能勢電鉄のイニシャルである「N」が表現されました.また,乗務員室横の小窓下部に「N7200」のロゴも入れられました.
 『7200系導入記念イベント』では,車両の展示および7200系デビュー記念グッズなどが販売され,多くの方でにぎわっていました.
 7200系は3月19日(月)から,営業運転を開始しています.

写真:平野にて 2018-3-18

掲載

鉄道ファン2018年12月号