クモヤ143-52とEF64 37が顔を合わせる

クモヤ143-52とEF64 37が顔を合わせる

2018(平成30)年3月16日(金)早朝,松本駅構内にて,松本車両センター所属のクモヤ143-52と高崎車両センター高崎支所所属のEF64 37が顔を合わせるシーンが見られました.
 クモヤ143-52は篠ノ井線の霜切運用へ出発するため出区したところ,EF64 37は15日(木)から16日(金)にかけて長野→松本→信濃大町間でレール輸送に充当され,16日(金)早朝に信濃大町→松本→長野間で単機回送中,松本駅停車中であったことから展開したシーンです.
 なお,クモヤ143-52は16日(金)の霜切運用を終えたあと,松本には戻らず,篠ノ井から長野まで回送されています.

写真:松本にて 2018-3-16

掲載