あいの風とやま鉄道413系,糸魚川運用が消滅

あいの風とやま鉄道413系,糸魚川運用が消滅

あいの風とやま鉄道では,2018(平成30)年3月17日(土)のダイヤ改正にともない,413系が糸魚川に乗り入れる運用が消滅しました.
 改正前は,1往復のみ富山→糸魚川→高岡→富山の運用がありましたが,改正後は同社の521系2両に変更されています.
 413系で運転される糸魚川行きの最後の列車は,3月15日(木)富山発の567Mとなりました(写真).413系は,521系1000番台が増備されたことで,1編成が運用から離脱し,2019(平成31)年春に登場する予定の観光列車に改造されるもようです .

写真:富山にて 2018-3-15

掲載

鉄道ファン2018年6月号