“スーパーあずさ”,全列車がE353系による運転に

“スーパーあずさ”,全列車がE353系による運転に

JR東日本では,2018(平成30)年3月17日(土)にダイヤ改正が実施され,特急“スーパーあずさ”の全列車がE353系による運転となりました.
 E353系は,E351系を置き換える目的で開発され,量産車はこれまでに9連6本(S102〜S107),3連4本(S202〜S205)が登場しています.量産先行車のS101・S201編成は量産車と仕様をそろえる改造が行なわれており,S201編成は改造が完了しているようです.
 写真は17日(土)の“スーパーあずさ”6号で,2018年1月に落成したS205編成とS105編成で運転されました.

写真:高尾—相模湖間にて 2018-3-17

掲載

鉄道ファン2019年2月号