マヤ50 5001が八高線を検測

マヤ50 5001が八高線を検測

JR東日本では,2018(平成30)年3月13日(火),仙台車両センター所属のマヤ50 5001が八高線 高崎—高麗川間を検測しました.
 編成は上り方からDD51 842+マヤ50 5001+DD51 895で,高崎車両センター高崎支所所属のDD51形によるプッシュプルとなりました.

写真:折原—竹沢間にて 2018-3-13
投稿:田村 佳祐

2018年3月14日掲載