東京メトロ,iPadを活用した案内を開始

東京メトロ,iPadを活用した案内を開始

東京地下鉄(東京メトロ)は,2018(平成30)年3月17日(土)から車掌がiPadを活用した案内を開始すると発表した.
 同社では,2010(平成22)年からサービスマネージャー,2015(平成27)年から改札口や駅事務室において,iPadを活用した案内を行なってきたが,今回は列車に乗務する車掌にiPadを配布し,車内放送などに活用することで,さらなるサービス品質の向上を図る.
 今回導入されるのは,Apple社のiPad mini 4(7.9インチ)約400台.運行情報をリアルタイムに把握するために,東京メトロアプリ,関係鉄道各社(JR東日本,小田急,東急,京王)のアプリ,運行情報メールなどを活用する.訪日外国人への案内強化として,英語や中国語,韓国語など27言語に対応した音声翻訳アプリ「Voice Tra」を活用し,輸送障害時などに多言語での対応を行なう.また,現在は紙で携行している点検マニュアルなどを電子化してiPadに搭載することで,紙の使用量を削減する.
 iPadは,まず2018年3月17日(土)から千代田線の車掌に配布し,2018年度中に車掌が乗務する各線への導入を完了する予定.

写真:東京地下鉄のニュースリリースから

掲載

鉄道ファン2018年11月号