東芝インフラシステムズ,「N700S」向けリチウムイオン二次電池を納入

今回採用された電池モジュール

今回採用された電池モジュール

「SCiB™」セル

「SCiB™」セル

東芝インフラシステムズでは,同社が開発したリチウムイオン二次電池「SCiB™」が,JR東海の次期新幹線車両「N700S」確認試験車の補助電源用バッテリーに採用されたと発表した.「SCiB™」の高速鉄道車両への適用は,今回が初めての事例となる.
 リチウムイオン二次電池「SCiB™」は,従来採用されていた鉛電池と比較し,大幅な小形化・軽量化を実現でき,高い安全性,1万回以上の充放電が可能な長寿命,-30℃の環境下にも耐え得る低温度動作などの優れた特性があり,とくに安全性においては,外圧が加えられて内部短絡が生じても異常発熱や発火を起こしにくい構造となっているため,今後,高い安全性が必要とされる鉄道車両への適用が期待されている.
 東芝インフラシステムズとJR東海では,「SCiB™」を用いたバッテリー自走システムを共同開発しており,地震などによる長時間停電などでも,自力走行により安全な場所まで移動できることを目指して開発を進めている.「N700S」確認試験車では,バッテリー自走システムを用いた自力走行の検証を予定しており,異常時における乗客の安全性確保ならびにサービス向上を図る.

写真:東芝インフラシステムズのニュースリリースから

掲載

鉄道ファン2018年11月号