大阪市交30000系31609編成が営業運転を開始

大阪市交30000系31609編成が営業運転を開始

大阪市交通局では,市営地下鉄御堂筋線用の30000系31609編成(千里中央方から31609+31009+31109+31709+31409+31809+31509+31309+31209+31909の10連)が,2018(平成30)年3月1日(木)から,営業運転を開始しました.
 同編成は,御堂筋線用30000系の2017(平成29)年度増備車としては5本目で,また31607編成・31608編成と同様,車体側面の大阪市交通局のマークは省略されています.これで,御堂筋線用の30000系は,9編成90両になりました.
 これにともない,置換え対象となっている,長らく御堂筋線の主力の座を守ってきたチョッパー制御の10系の今後の去就が注目されます.

写真:桃山台にて 2018-3-6
投稿:井上 遼一