JR西日本,和歌山線・桜井線に227系を導入

180307_227-1000.jpg

JR西日本は,和歌山線・桜井線用227系を導入すると発表した.
 今回導入される車両は,和歌山線・桜井線で運用している105系・117系車両の置換えを目的とし,2両編成28本,合計56両が製造.2019年春から順次導入し,2020年春までに全車置換えを完了する.
 車両デザインは,これまでの近畿エリアの車両のデザインを継承したものとし,戸袋部分のカラーリングは,走行する奈良と和歌山エリアに共通する文化・歴史・自然の奥深さを表現した緑色を基調とする.
 また,最新の車両で導入している車両異常挙動検知装置や先頭車間転落防止ホロの設置,戸挟み検知装置,EB-N装置(運転士異常時列車停止装置),オレンジ色調で,つかみやすい形状のつり手や手すりの採用など,安全性を高める.このほか,多機能トイレ・車椅子スペース設置や,LED照明の車内灯,空調設備の自動温度調節なども採用する.
 さらに,車載形IC改札機による円滑な乗り降りや,車内ドア上部の情報表示装置による行先案内,自動案内放送(日英2ヵ国語対応)も活用し,接客対応・サービスの充実を図る.なお,車載形IC改札機は,新形車両への全車置換え完了後に使用を開始する予定で,奈良県下全域および和歌山線全線がICOCAエリアとなる.

写真:JR西日本提供

掲載

鉄道ファン2018年11月号