キヤノン「EOS Kiss X90」と「EOS Kiss M」を3月下旬に発売

今回発表された新製品

今回発表された新製品(編集部撮影)

EOS Kissシリーズは発売から25周年を迎える

EOS Kissシリーズは発売から25周年を迎える(編集部撮影)

キヤノンは,「EOS Kiss X90」と「EOS Kiss M」を3月下旬に発売します.

「EOS Kiss X90」

 「EOS Kiss X90」は, APS-Cサイズ・約2410万画素のCMOSセンサを搭載し,Wi-Fi/NFCに対応することでスマートフォンへの簡単接続が可能な,エントリー向けデジタル一眼レフカメラです.視野率約95%,倍率約0.8倍の光学ファインダーを採用しており,最高約3.0コマ/秒の連続撮影を行なうことが可能です.オープン価格で参考価格は54500円(税別)となっています.

「EOS Kiss M」

 「EOS Kiss M」はカメラ初心者でも本格的な撮影を簡単で手軽に楽しみたいというニーズに対応したカメラで,エントリークラスの一眼レフカメラにおける代表的なブランド「EOS Kiss」を製品名に初めて冠したミラーレスカメラとなります.新映像エンジン「DIGIC 8」の高速画像処理により,「デュアルピクセルCMOS AF」が進化し,最大99点の測距点で高速・高精度なAFを実現するとともに,対応する交換レンズ装着時には測距エリアが拡大し,最大143点の測距点で素早い合焦が可能となります.また,AF・AE(自動露出制御)連動で最高約7.4コマ/秒,AF固定で最高約10.0コマ/秒の高速連写が可能です.オープン価格で参考価格は73500円(税別)となっています.発売にあわせて,「EOS Kiss M」の購入者を対象に,nano・universeオリジナルリュックやキヤノンオリジナルのバッグインバッグ/レンズカバーをプレゼントする「Kiss is my life. キャンペーン」が実施されます.詳しくはキヤノンのキャンペーンサイトをご覧ください.

「EOS M100」

 ミラーレスカメラ「EOS M100」では,新色ピンクボディーと, EF-Mシリーズの標準ズームレンズ「EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM」(シルバー),オリジナルのストラップ&レンズキャップケース(ピンク)を組み合わせた「リミテッドピンクキット」が1000台限定で4月上旬から発売します.オープン価格で参考価格は69500円(税別)となっています.

 また,レンズ交換式カメラEOSシリーズ用のアクセサリーとして,ポートレート撮影に適した外部ストロボ「スピードライト 470EX-AI」が2018年4月下旬から発売されます.

「スピードライト 470EX-AI」

 最大ガイドナンバー約47の大発光量および焦点距離24-105mmをカバーする外部ストロボの新ラインアップとなり,世界で初めて,バウンス(反射)撮影を自動化する「AI(Auto Intelligent)バウンス機能」を搭載しています.ストロボが適切な発光部の角度を自動設定するストロボ初心者向けのフルオートモード「AI.Bフルオート」と,カメラの縦横の姿勢変化に応じて,ストロボに記憶させた発光部の角度に自動的に再設定する中上級者向けのセミオートモード「AI.Bセミオート」を備えており,ユーザーの撮影ニーズに応じて使い分けることができます.メーカー希望小売価格は54800円(税別)となっています.

※上記参考価格はキヤノンオンラインショップ(キヤノン直販ウェブサイト)における2018年2月26日時点での販売予定価格です.

2018年2月26日掲載