長良川鉄道とヤマト運輸が鉄道を利用した「客貨混載」の本格運用を開始

access_time
2018年2月22日掲載
運用イメージ

長良川鉄道とヤマト運輸は,2018(平成30)年2月21日(水)から,長良川鉄道の関駅—美並苅安駅間で,全国で初めて,鉄道にヤマト運輸の社員が同乗せずに乗客と宅急便を混載する「客貨混載」を開始した.
 両社では,2017(平成29)年11月に,同じく関駅—美並苅安駅間で,「客貨混載」の実証実験を行ない,セールスドライバーの労働環境の改善や環境負荷の軽減などの効果検証,乗客と貨物を混載する際の安全性の確保といった課題への検討を実施していた(鉄道ニュース2017年11月3日掲載記事参照)
 実証実験の結果,セールスドライバーの1日の走行距離が約24km削減し,運転時間の削減や夜間の業務の圧縮により1日あたり約2時間の時間削減効果が得られ,CO2の排出量を抑えることで環境負荷の軽減にも一定の効果が見られた.また,乗客がいる状態であっても,作業の安全性を十分に確保できたことから,本格的な運用を開始することとした.なお,実証実験では,列車輸送時にヤマト運輸の社員が同乗していたが,本格運用にあたっては,無人で荷物を輸送する.
 輸送列車については実証試験と同じく,関駅(13:16発)→美並苅安(13:55着)の片道のみとし,ヤマト運輸岐阜ベースから関駅まで荷物を輸送.関駅係員が列車に宅急便を積載後,美並苅安駅まで客貨混載で輸送.美並苅安駅に到着後は,ヤマト運輸セールスドライバーが荷物を引き継ぎ,集配車両により郡上市美並町の各届け先へ配達する.

画像:運用イメージ(ヤマトホールディングスWEBサイトから)