8600系E3編成が営業運転を開始

8600系E3編成が営業運転を開始

JR四国では,松山運転所所属の8600系E3編成が,2018(平成30)年2月14日(水)の特急“しおかぜ”12号から営業運転を開始しました.
 同編成は,1月29日(月)から30日(火)にかけて製造元の川崎重工から高松運転所まで甲種輸送されており,その後数日間試運転を行ない,松山運転所へ回送されていました.
 現在,8600系は2月8日(木)からE1編成が重要部検査で多度津工場に入場しており,13日(火)までは8600系の一部運用を8000系が代走していました.

写真:本山—観音寺間にて 2018-2-14

掲載

鉄道ファン2018年11月号