鉄道博物館,新館を7月5日にオープン

鉄道博物館,新館を7月5日にオープン

鉄道博物館では,2017(平成29)年4月から順次,本館内のリニューアル工事および新館の建設を進めてきたが,2018(平成30)年7月5日(木)10時から新館をオープンすると発表した.
 新館は,地上4階建て,展示面積は約3500㎡で,現在の約1.3倍に拡大する.各階の構成は,1階を「仕事ステーション」,2階を「未来ステーション」,3階を「歴史ステーション」とし,4階にはレストランと展望デッキを設置する.
 また,新たに400系新幹線電車(1両)とE5系新幹線電車の実物大モックアップを1階「仕事ステーション」に展示するほか,新館のオープンに先がけて,3月14日(水)から,E1系新幹線電車の展示を本館南側(旧てっぱくひろば)駅弁屋横で開始する.
 このほか,入館料など一部の料金を改定(入館料:一般1000円→1300円など)し,7月5日(木)入館分から適用する.

写真:鉄道博物館のニュースリリースから