都営新宿線10-000形8次車が営業運転終了

都営新宿線10-000形8次車が営業運転終了

東京都交通局では,10-280編成が,2018(平成30)年2月11日(日祝)をもって,営業運転を終了しました.
 同編成は,1997(平成9)年,都営新宿線の急行運転開始にともない増備された10-000形8次車のうち,最後まで残っていたもので,都営地下鉄最後のチョッパ制御車であり,これにより,1978(昭和53)年の同線開業時から活躍した10-000形はすべて引退することになります.
 これを記念して,1月29日(月)から,貫通扉にさよならステッカーが掲出されたほか,東京都交通局のTwitter公式アカウントでは,最後の3日間の運用予定が公表されました.なお,引退にともなう式典などは,行なわれませんでした.
 営業運転を終えた同編成は2月12日(月休)に若葉台まで回送されています.

写真:下高井戸—明大前間にて 2018-2-11

掲載