JR東日本・東京モノレール,3月17日から浜松町駅乗換連絡通路の相互通行が可能に

JR東日本・東京モノレール,3月17日から浜松町駅乗換連絡通路の相互通行が可能に

完成後のイメージ

JR東日本・東京モノレール,3月17日から浜松町駅乗換連絡通路の相互通行が可能に

いずれもイメージであり実際と異なる場合がある.

JR東日本と東京モノレールは,JR山手線・京浜東北線と東京モノレールとの結節点である浜松町駅の乗換え利便性向上のため,乗換連絡通路の相互通行化に向けた整備を進めてきたが,このほどその使用開始日を,2018(平成30)年3月17日(土)に決定したと発表した.
 これまで浜松町駅の乗換連絡通路については,JR線からモノレールへの一方向のみの利用となっていたが,JR線とモノレールで分かれていた改札口を,1回のタッチで通過できる「乗換専用改札」とすることにより,モノレールからJR線への乗り換えも同じ通路(同一フロア)で可能となる.今後,2020年春ごろまでに乗換連絡通路の拡幅が実施される予定.

写真:東京モノレールのニュースリリースから

掲載

鉄道ファン2018年9月号