×

伊予鉄道,3月1日からの新たな取り組みを発表

access_time
2018年1月26日掲載
環状線「西堀端」電停とは異なる位置にある本町線の同名電停を「本町一丁目」に名称変更される

環状線「西堀端」電停とは異なる位置にある本町線の同名電停は「本町一丁目」に名称変更される/p>

本町線は起終点が松山市駅に変更される

本町線は起終点が松山市駅に変更される

伊予鉄道では,2018(平成30)年3月1日(木)から実施する,新たな取り組みについて発表した.
 市内電車(路面電車)では,本町方面から松山市駅へのアクセス改善を目的として,6系統路線(現在は本町六丁目—道後温泉間)の起終点を道後温泉から松山市駅に変更する.この変更により,西堀端,南堀端,松山市駅で乗り換え無料券を発行(松山市駅は本町六丁目に向かう場合のみ)する.また,「西堀端」電停について,1系統(環状線)と異なる位置にある本町線の同名の電停を「本町一丁目」に名称変更し,観光客にわかりやすい名称とする.
 また,フリー乗車券については,観光客の長期滞在を促進するため,「3日券」を新たに発売する.新たに設定されるのは,構外・市内電車全線とバス全線(一部除く)が乗り放題となる「ALL IYOTETSU 3Day Pass」(大人2500円,小児1250円)と市内電車(路面電車)全線が乗り放題となる「市内電車 3Day チケット」(大人1100円,小児550円)で,ともに特典として,いよてつ髙島屋の大観覧車「くるりん」の1回無料券(シースルーゴンドラを除く)が付く.なお,現在発売しているそれぞれの1Day Pass(チケット)・2Day Pass(チケット)については,販売価格を改定する.

写真:伊予鉄道のニュースリリースから