3月3日から高松地区の「IruCa」で交通系ICカードの相互利用サービスを開始

ICOCAのマスコットキャラクター「カモノハシのイコちゃん」

ICOCAのマスコットキャラクター「カモノハシのイコちゃん」

ことでんのマスコットキャラクター「ことちゃん」

ことでんのマスコットキャラクター「ことちゃん」

JR西日本は,高松琴平電鉄のICカード「IruCa」エリアにおいて導入する交通系ICカードの全国相互利用サービスについて,2018(平成30)年3月3日(土)の始発から開始すると発表した.
 今回新たに利用可能となる交通系ICカードは,「Kitaca」,「PASMO」,「Suica」,「manaca」,「TOICA」,「PiTaPa」,「ICOCA」,「はやかけん」,「nimoca」,「SUGOCA」の10種類で,ことでんの電車「琴平線,長尾線,志度線」の合計52駅の駅改札機において乗車運賃の自動精算が可能となる.あわせて「琴平線,長尾線,志度線」の主要駅窓口(合計15ヵ所)においては,上記ICカードへのチャージが可能となる.
 ただし,今回の利用範囲拡大後も,現在「IruCa」が利用可能なバス,および電子マネー端末での利用はできないままで,「IruCa」による,ほかのエリアでの使用もできない.
 なお,利用開始日の3月3日(土)は10時から,ことでん瓦町駅2階コンコースで,オープニングセレモニーが実施され,「ICOCA」のマスコットキャラクター「カモノハシのイコちゃん」およびことでんのマスコットキャラクター「ことちゃん」の来場のほか,セレモニー終了後にことでんを利用された先着200名の方にオリジナルデザインの「瓦せんべい」が無料配布される(記念品は変更となる場合あり).

写真:JR西日本のニュースリリースから

2018年1月24日掲載