京成3000形3036編成が甲種輸送される

京成3000形3036編成が甲種輸送される

日本車輛豊川製作所で製造された京成3000形3036編成(8両編成)が,2018(平成30)年1月18日(木)から翌19日(金)にかけて,豊川から逗子まで甲種輸送されました.
 豊川から西浜松までは愛知機関区所属のDE10 1562,西浜松から横浜羽沢までは新鶴見機関区所属のEF65 2094,横浜羽沢から逗子までは同区所属のDE10 1749が,それぞれけん引しました.
 3036編成は,総合車両製作所横浜事業所にいったん入場し,今後,台車などの交換を経て,京急線・都営浅草線経由で京成線に自走で回送されるものと思われます.

写真:新川崎にて 2018-1-19
投稿:入江 智彦

2018年1月21日掲載