小田急,2018年3月から「ロマンスカー」担当乗務員とアテンダントの制服デザインを一新

小田急,2018年3月から「ロマンスカー」担当乗務員とアテンダントの制服デザインを一新

小田急電鉄は,特急「ロマンスカー」担当乗務員およびロマンスカーアテンダント(車内販売員)の制服について,リニューアルを実施すると発表した.
 小田急電鉄では,現在,50000形ロマンスカー「VSE」に限定し,担当乗務員専用の制服を使用しているが,2018(平成30)年3月に就役する70000形ロマンスカー「GSE」の導入にあわせ,すべての特急列車に乗車する乗務員の制服を変更し,さらなる「ロマンスカー」のブランド強化を図る.
 制服デザインは,女性らしい感性とエネルギーを,楽しく心地よいデザインで表現し,幅広い支持を得ているファッションデザイナーの小篠ゆま氏が担当.デザインコンセプトには,共通キーワードとして「心の豊かさ」を掲げ,洗練されたデザインを意識している.さらに,「ロマンスカー」での多くの出会いを想定し,ここでしか味わえない「お出かけの高揚感を高めるかっこよさ・憧れ」を表現している.
 ロマンスカー担当乗務員専用の新制服(写真左)は,クリーンな印象のある暖色系のベージュを取り入れ,ナポレオンカラー風を採用することで,正統でシャープな印象に仕上げた.ラペルのトリミングには,車両のカラーリングとして,往年のロマンスカーから親しまれているバーミリオンオレンジを配し,全体を引き締めている.また,ネクタイや帽子に配した同様のカラーリングもポイントである.機能面では,特に型崩れのしにくさ,汚れにくさを考慮し,撥水性・撥油性を取り入れた.
 ロマンスカーアテンダント用の新制服(写真右)は,エレガントかつ清々しさ,そして親しみやすさを意識した.カラーリングは,女性らしくかつ清楚で明るめの紺色をメインに,バーミリオンオレンジをポイントにしている.また,ほどよくシェイプさせたシルエットや,エレガントな胸元のテーラードカラー,ふんわりと仕上げた袖山,柔らかなシルエットのスカートなど,細部にまでこだわり,仕立てられている.

写真:小田急電鉄のニュースリリースから

掲載

鉄道ファン2018年9月号