東京モノレール,元旦に臨時列車「初日の出号」を運転

access_time
2017年11月29日掲載
東京モノレール 10000形

東京モノレールは,2017(平成29)年12月30日(土)から2018(平成30)年1月3日(水)までの間,年末年始特別ダイヤで運転すると発表した.
 期間中は,モノレール浜松町駅と羽田空港の3駅(羽田空港国際線ビル駅,羽田空港第1ビル駅,羽田空港第2ビル駅)をノンストップで運転する空港快速を,すべての時間帯で運転(24時下り列車を除く)し,空港利用者の利便性を図る.運転本数は,通常の土休日ダイヤの132本から178本となるほか,時間帯によっては基本ダイヤと異なる.
 また,2018(平成30)年1月1日(月祝)には,早朝に臨時列車「初日の出号」も運転する.これは,各航空会社が運航を予定している「初日の出フライト」の搭乗客や,羽田空港での初日の出見学者用に運行される.運転時刻は,モノレール浜松町駅発羽田空港第2ビル駅行き(下り列車)が2本(モノレール浜松町駅4:00発,4:30発),羽田空港第2ビル駅発モノレール浜松町駅行き(上り列車)が1本(羽田空港第2ビル駅4:30発)で,途中天王洲アイル駅(下り,モノレール浜松町駅4:30発のみ),羽田空港国際線ビル駅,羽田空港第1ビル駅のみに停車する.なお,「初日の出号」にはヘッドマークが掲出される.

写真:東京モノレール10000形  編集部撮影  昭和島車両区にて  2014-4-8(取材協力:東京モノレール)

写真はイメージです.