東京都交通局,東京さくらトラム(都電荒川線)&日暮里・舎人ライナーに「駅ナンバリング」を導入

東京さくらトラム(都電荒川線)の案内標識への表示例

東京さくらトラム(都電荒川線)の案内標識への表示例

日暮里・舎人ライナーの案内標識への表示例

日暮里・舎人ライナーの案内標識への表示例

東京都交通局では,2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を見すえ,利便性向上を目的に,東京さくらトラム(都電荒川線)および日暮里・舎人ライナーに「駅ナンバリング」を導入すると発表した.
 東京さくらトラム(都電荒川線)は,路線シンボルが「SA」で,ピンク地の丸に白地の桜の上に,駅ナンバーがデザインされている.全30停留場が対象で,三ノ輪橋停留場が「SA 01」,早稲田停留場が「SA 30」となる.
 日暮里・舎人ライナーは,路線シンボルが「NT」で,ラインカラーのピンクと薄緑のラインで駅ナンバーを囲むデザインとした.全13駅が対象で,日暮里駅が「NT 01」,見沼代親水公園駅が「NT 13」となる.
 今後は,2017(平成29)年11月下旬から案内標識(駅名標など)をはじめ,車内路線図,車内案内,ホームページなどに順次導入する.

写真:東京都交通局のニュースリリースから