福井鉄道・えちぜん鉄道の相互乗入れ事業が「グッドデザイン賞」を受賞

access_time
2017年10月5日掲載
えちぜん鉄道 L形

福井鉄道・えちぜん鉄道は,両社が,福井県および福井市と共同で取り組み,2016(平成28)年3月から開始した鉄道と軌道の相互乗り入れ事業が2017年度「グッドデザイン賞」を受賞したと発表した.
 長い間,同じ拠点駅を共有しながらも,直接つながりのなかった福井鉄道とえちぜん鉄道が,鉄道施設の整備やLRV車両の導入,旅客利便性向上のための乗継割引,ダイヤ調整などを行なって,車両の相互乗入れを実現した点,また,車両についても,今まで鉄道を使っていなかった方に知ってもらい,使ってもらうという視点で,両社ともに車両の色や形,内装,名称を適切に設計し,その結果として,連絡運輸利用客が前年度の約3倍という大きな成果が生まれた点が評価されている.

写真:えちぜん鉄道L形  編集部撮影  福井口車庫にて  2016-3-30(取材協力:えちぜん鉄道)