地下鉄博物館所蔵「日本初の地下鉄車両1001号車」が国の重要文化財に指定

地下鉄博物館所蔵「日本初の地下鉄車両1001号車」が国の重要文化財に指定

東京メトロは,地下鉄博物館に展示する「日本初の地下鉄車両1001号車」が,2017(平成29)年9月15日(金)付けで国の重要文化財として指定されたと発表した.
 1001号車は,1927(昭和2)年12月30日に,東京地下鉄道が東洋初の地下鉄として営業を開始した上野—浅草間(2.2km)を走行した車両であること,その後1968(昭和43)年4月までの約40年間,一貫して,営団地下鉄(現在の東京メトロ)銀座線で活躍したこと,また,防災・安全対策(全鋼製,自動扉,自動列車停止装置の採用など)や,乗客向けの設備(内装,照明,つり手など)に地下鉄ゆえの特徴が見られることなど,わが国の地下鉄電車の嚆矢(こうし)であるとともに,後の地下鉄車両の規範車両であり,鉄道史,交通史上に重要であることが,文化庁から評価された.
 1001号車の重要文化財指定については,鉄道用電気車両(電車)としては初の指定であるとともに,東京メトログループの所有物においても初の指定となる.
 東京メトロは,1001号車が重要文化財に指定されたことを深く受け止め,同車を歴史的価値が高い文化財として,引き続き地下鉄博物館において保護活用に努めていくとしている.

写真は東京メトロのニュースリリースから