JR九州,軽量形ホームドア実証試験を11月21日から開始

access_time
2017年9月29日掲載
JR九州,軽量形ホームドア実証試験を11月21日から開始

JR九州は,現在開発中の軽量形ホームドアについて,2017(平成29)年11月21日(火)から実証試験を開始すると発表した.
 実証試験は,筑肥線九大学研都市駅ホーム2番のりば(筑前前原方面)で行なわれ,ホームドアは6両分が整備される.今回,試験が行なわれる軽量形ホームドアは,可動部分をパイプとし,コンパクトな戸袋にしたことで,軽量化が図られている.これにより,ホームの補強工事や設置工事が大幅に抑えられることが期待されている.

写真はJR九州のニュースリリースから