キハE130系500番台が八戸へ

キハE130系500番台が八戸へ

2017(平成29)年9月8日(金),キハE130系500番台3両が青森から八戸まで自力回送されました.
 今回回送されたのは,キハE130-501+キハE131-501+キハE132-501の3両で,2017(平成29)年8月に新潟トランシスで落成し,新津まで甲種輸送されたあと,新潟地区で試運転を行ない,9月5日(火)には,秋田車両センター所属のEF81 136のけん引で新津から青森まで配給輸送されていました.
 キハE130系500番台は八戸線,青い森鉄道線などでの運用が見込まれ,このうち八戸線では2017(平成29)年中に営業運転が開始されることが発表されており,これから運用区域内での試運転,およびハンドル訓練が行なわれるものと思われます.

写真:陸奥市川にて 2017-9-8

掲載