西鉄,大宰府観光列車「旅人(たびと)」をリニューアル

8000形「旅人」

8000形「旅人」

3000形「旅人」

3000形「旅人」

西日本鉄道は,太宰府観光列車「旅人(たびと)」の車両およびデザインをリニューアルし,2017(平成29)年9月16日(土)から営業運転を開始すると発表した.
 「旅人」は,8000形を改造して2014(平成26)年3月22日(土)から営業運転を開始したが,今回,使用している8000形車両が製造から29年が経過したことから,3000形5両を新たに改造して投入する.

1号車:「竈門神社」と「紅葉」

1号車:「竈門神社」と「紅葉」

2号車:「榎社」と「蓮の花」

2号車:「榎社」と「蓮の花」

3号車:「太鼓橋」と「花菖蒲」

3号車:「太鼓橋」と「花菖蒲」

4号車:「菅原道真公」と「藤」

4号車:「菅原道真公」と「藤」

5号車:「太宰府天満宮」と「梅」

5号車:「太宰府天満宮」と「梅」

 外装は8000形「旅人」の太宰府の観光名所のデザインから一新され,太宰府の名所・四季を絵巻風にデザインしたものとなる.内装は8000形「旅人」で車両別に設定していた開運テーマを改め,『健康長寿』『安産』『厄除け』『家内安全』『学業成就』の5つの願いを込め,和文様で表現される.また,全車両に開運カード(車両ごとにテーマ・デザインが異なる),3号車には「祈願箱」と「乗車記念スタンプ」を設置し,目的地に行くだけでなく移動中も楽しめる列車とする.
 なお,8000形「旅人」は,2017(平成29)年9月16日(土)をもって営業運転を終了し,当日は,8000形「旅人」から3000形「旅人」への引継式を福岡(天神)駅にて実施する.

写真はいずれも西日本鉄道のニュースリリースから

掲載

鉄道ファン2019年1月号