近鉄,10月8日から「アーバンライナー」に記念ロゴマークを掲出

近鉄,10月8日から「アーバンライナー」に記念ロゴマークを掲出

70周年記念ロゴマーク(近畿日本鉄道提供)

近畿日本鉄道21020系「アーバンライナーnext」

写真:近畿日本鉄道21020系「アーバンライナーnext」  編集部撮影  五位堂検修車庫にて  2002-12-1(取材協力:近畿日本鉄道)

近畿日本鉄道21000系「アーバンライナーplus」

写真:近畿日本鉄道21000系「アーバンライナーplus」  編集部撮影  高安検車区にて  2003-7-25(取材協力:近畿日本鉄道)

近畿日本鉄道は,特急運転開始70周年を記念して,「近鉄特急運転開始70周年キャンペーン」を実施し,「アーバンライナー・ネクスト」と「アーバンライナー・プラス」に記念ロゴマークを掲出すると発表した.
 近鉄特急は,昭和22(1947)年10月8日に,上本町—名古屋間(伊勢中川駅乗り換え)で日本の民鉄で初めて座席定員制の有料特急の運転を開始して以来,2017(平成29)年で70周年を迎える.当初,上本町—名古屋間で1日2往復の運転だったが,今日では,大阪—名古屋間のみならず,伊勢志摩,京都,奈良,吉野などを結ぶ特急ネットワークを形成している.
 記念ロゴマークは,21020系「アーバンライナー・ネクスト」と21000系「アーバンライナー・プラス」各1本に掲出され,70周年を迎える2017(平成29)年10月8日(日)から2018(平成30)年3月30日(金)までの期間掲出される.
 なお,10月8日(日)には,大阪上本町駅(改札外コンコース),近鉄名古屋駅(改札内5番ホーム付近)において記念セレモニーが開催されるほか,記念ツアーの実施と記念グッズの販売が予定されている.

掲載

鉄道ファン2018年6月号