×

身延線で313系が4両編成で運転される

access_time
2017年8月8日掲載
身延線で313系が4両編成で運転される

身延線では,2017(平成29)年8月7日(月)に静岡車両区所属の313系V13編成(セミクロスシート車)+W6(ロングシート車)の4両編成が運転されました.
 4両編成で運転されたのは3623M(富士発甲府行),3733G(鰍沢口発甲府行),3728G(甲府発鰍沢口行)でした.これは,市川大門で開催予定であった花火大会にともなう臨時列車運転のための運用変更でしたが,3623M発車後に台風の影響で延期が決まり,山梨県内の定期列車に充当されました.3728Gの運転後,この4両は富士まで回送されました.身延線の西富士宮以北は,ふだんはV編成・W編成単独(2両)かN編成単独の運用で,V編成+W編成の4両編成が見られるのは珍しいことです.

写真:常永にて 2017-8-7
投稿:中山 皓晴