スマホアプリ「おもてなしガイド」の東海道新幹線車内での実証実験を開始

JR東海 N700系1000番台「N700A」

JR東海とヤマハでは,ヤマハが開発したアプリ「おもてなしガイド」を活用した多言語対応サービスについて,2016(平成28)年8月から実施している東海道新幹線の駅構内に加えて,一部の列車内でも実証実験を開始すると発表した.
 「おもてなしガイド」は,対応するアプリを起動して,流れてくるアナウンスをスマートフォンのマイクで拾うだけで,その内容をさまざまな言語に翻訳された文字で確認することができるもの.音で通信を行なうため,インターネットに接続していない端末でも情報を取得できるサービスとなっている.
 2018(平成30)年2月ごろまで行なわれる今回の実証実験では,新幹線車内の放送装置を利用して,利用客のスマートフォンなどに列車内の「案内放送」を任意の言語に翻訳表示する.対応する言語は日本語,英語,中国語(繁体・簡体),韓国語,タイ語,フランス語,スペイン語の7ヵ国8言語で,N700系の2編成では自動放送を対象とした実証実験を,また,一部列車内では,車掌による肉声放送を対象とした実証実験を行なう.肉声放送を対象とした実証実験では,「おもてなしガイド」の機能を活用して,車掌による日本語放送の後に英語アナウンスを音声で付加して放送する機能も確認し,高速で走行する列車内で,システムの安定性や,音声認識の正確性などの技術的な課題を確認する.

写真:N700系1000番台「N700A」 編集部撮影 JR東海・浜松工場にて 2012-8-21 (取材協力:JR東海)