JR東日本,新潟地区に車内ビジョンを本格導入

JR東日本E129系

JR東日本新潟支社では,新潟エリアで初となる「デジタル車両メディア」の試験放送を2015(平成27)年1月から行なってきたが,2017(平成29)年12月から「トレインチャンネル新潟」として本格導入すると発表した.

「トレインチャンネル新潟」

 「トレインチャンネル新潟」が導入されるのはE129系50両で,1両につき3画面が設置される.対象路線は,信越本線(新潟—直江津間),上越線(宮内—水上間),羽越本線(新津—村上間),白新線,越後線,弥彦線となる.
 愛称である「トレインチャンネル新潟」は首都圏で広く知られている「トレインチャンネル」を新潟で導入することから決定された.放送されるコンテンツは,列車運行情報のほか,ニュース,気象情報,JR東日本や他企業コマーシャルなどとなっていて,列車内での乗客サービス向上を図る.

写真上:JR東日本E129系  編集部撮影
写真下:「トレインチャンネル新潟」のイメージ(JR東日本新潟支社のニュースリリースから)

2017年7月26日掲載