横浜高速鉄道Y500系が10両編成の運用を代走

横浜高速鉄道Y500系が10両編成の運用を代走

2017(平成29)年5月5日(金祝)に,横浜高速鉄道みなとみらい線の車両であるY500系のY514編成が,通常では東急電鉄5050系4000番台10両編成の運用である56K運用を代走しました.これは,東急電鉄5050系4000番台に車両不足が生じたためと思われます.
 このため,従来は8両編成の運用は設定されていない副都心線直通で,各線に最速で直通する優等列車「Fライナー」を8両編成が代走しました.ただし,種別幕・案内表示器には「Fライナー」の設定が入っていないため.「Fライナー」の案内は行なわれませんでした.

写真:妙蓮寺にて 2017-5-5

掲載