×

EF510形,名古屋貨物ターミナルまで運用開始

EF510形,名古屋貨物ターミナルまで運用開始

2017(平成29)年3月4日(土)のダイヤ改正にともない,JR貨物富山機関区所属のEF510形に米原操車場—名古屋貨物ターミナル間の運用が登場しました.
 EF510形のけん引となったのは,米原操車場 →名古屋貨物ターミナル間の4084列車,名古屋貨物ターミナル→稲沢間の1250列車,稲沢→名古屋貨物ターミナル間の1253列車,名古屋貨物ターミナル→ 米原操車場間の4085列車で,従来は米原操車場で機関車の交換を行なっていたものが,スルー運用となっています.ダイヤ改正当日の4日は,もと“北斗星”けん機の514号機が充当されました.

写真:名古屋貨物ターミナルにて(あおなみ線南荒子駅ホームから撮影) 2017-3-4
投稿:太田 健一