石川県・富山県の「ICOCA」エリアが拡大

JR西日本,IRいしかわ鉄道,あいの風とやま鉄道は,石川県・富山県で「ICOCA」が使用できるエリアを拡大すると発表した.
 2017(平成29)年4月15日(土)から,北陸本線(大聖寺—金沢間),IRいしかわ鉄道線(金沢—倶利伽羅間)の各駅と,城端線(高岡—新高岡間)で,「ICOCA」の使用が可能になり,すでに「ICOCA」が導入されている,あいの風とやま鉄道線(石動—越中宮崎間)と一体のエリアとなる.

オリジナルデザインICOCA

 今回のエリア拡大にあわせ,IRいしかわ鉄道では,車両デザインをイメージしたオリジナルデザインICOCA(写真)を,金沢駅(IRお客さまカウンター),東金沢駅,森本駅,津幡駅で発売する.

なお,JR西日本では,福井県内の北陸本線(新疋田—牛ノ谷間)の計19駅についても,2018(平成30)年夏に「ICOCA」を導入する予定としている.

2017年2月1日掲載