小田急,新形「ロマンスカー」70000形の製造を決定

access_time
2016年10月20日掲載
小田急,新形「ロマンスカー」70000形の製造を決定

小田急電鉄は,新形特急「ロマンスカー」となる70000形を,2018(平成30)年3月の営業運転開始を目指し,製造することを決定したと発表した.
 「箱根につづく時間を 優雅に走るロマンスカー」をコンセプトに,岡部憲明アーキテクチャーネットワークが,50000形「VSE」,60000形「MSE」に続き,30000形リニューアル車「EXEα」とともに,デザイン設計を担当する.

小田急,新形「ロマンスカー」70000形の製造を決定

 70000形は,ボギー車による7両固定編成で,「ロマンスカー」の象徴である展望席16席を両先頭車に設置するとともに,荷棚を設けないことで,展望車両として大きな空間とダイナミックな眺望を創出する.車両側面の窓の高さは,「VSE」や「MSE」よりも30cm高い100cmとする.左右方向の車両振動を低減する「電動油圧式フルアクティブサスペンション」を全車両に搭載し,乗り心地の向上を図る.4号車を除く各車両の出入り口デッキ部付近には,ラゲージスペースを設けるとともに,座席の下には, 国内線機内持ち込みサイズの荷物が収納できるスペースをそれぞれ設置する.車内には,Wi−Fiシステムを備え,インターネット接続環境の提供と,展望ライブ映像などを楽しむことができるコンテンツを配信する.
 SiC素子を用いたVVVFインバータ制御装置の搭載,LED照明の採用など,省エネルギー化を図るほか,主電動機は全密閉式とし,コンプレッサや空調装置,駆動装置とともに低騒音化を図る.

写真:小田急70000形の外観(上),先頭車両断面(中),中間車両内観(下)のイメージ(いずれも小田急電鉄のニュースリリースから)