JR西日本キヤ143形3両が甲種輸送される

JR西日本キヤ143形3両が甲種輸送される

新潟トランシスで落成したJR西日本の新形ラッセル車,キヤ143形3両(キヤ143−3・4・5)が,2016(平成28)年10月2日(日)から翌3日(月)にかけて,黒山から松任まで甲種輸送されました.
 けん引機は,黒山—新潟(タ)間は東新潟機関区所属のDE10 1728,新潟(タ)—松任間は富山機関区所属のEF510-6がそれぞれ担当しました.
 なお,今回も甲種輸送のため,除雪用ラッセル翼は取り付けられていませんでした.これでキヤ143形は5両となり,今後の動向が注目されます.

写真:石動—福岡間にて 2016-10-3

掲載

鉄道ファン2019年3月号