×
section>

西武鉄道40000系が完成

西武40000系が完成

西武鉄道は,2016(平成28)年度〜2019(平成31)年度に80両を導入する予定の新形通勤車両40000系のうち,2016(平成28)年度に導入する車両が完成したと発表した.

西武40000系が完成

40000系の外観は西武グループのコーポレートカラーを基調にしつつ,「山の緑と空の青」をイメージした西武沿線の風景や自然を感じさせるカラーリングを採用.一部編成の座席は,クロスシートとロングシートに転換が可能となる.2016(平成28)年度に導入される車両では,客室内から中づり広告をなくし,広告用デジタルサイネージ「Smileビジョン」が設置される.17インチディスプレイを2面横に並べ,1両あたり12〜16面(1編成あたり合計156面)が設置される.座席がおもにクロスシートの時に使用できる電源コンセントを,2席につき1つ設置し,「SEIBU FREE Wi-Fi」も導入される.4号車には,車椅子での使用にも対応したトイレを設置し,長距離の利用にも対応する.
 2017(平成29)年春から営業運転を開始し,地下鉄直通の座席指定制列車にも使用される予定.

写真:西武鉄道40000系の外観(上)と室内に設置される「Smileビジョン」(中),4号車の車椅子対応トイレ(下).3枚とも西武鉄道提供