383系6両が大糸線で試運転

access_time
2016年4月29日掲載
383系6両が大糸線で試運転

2016(平成28)年4月26日(火)・27日(水)の2日間,神領車両区所属の383系6両編成による試運転列車が松本—白馬間で1往復運転されました.26日は383系A101編成+A204編成の6両,27日は383系A4編成6両が試運転に充当され,大糸線内の主要な駅に停車し,停止位置の確認や乗降位置の確認などが行なわれました.試運転に使用された編成は試運転前に神領→松本間,試運転後に松本→神領間で回送されています.
 大糸線では,臨時の“しなの”として383系4両が白馬まで乗り入れていますが,今後6両編成が臨時の“しなの”として充当されるのか注目されます.

写真:南豊科—中萱間にて 2016-4-27
投稿:上原 拓也