221系・223系・225系の大垣乗入れが終了

221系・223系・225系の大垣乗入れが終了

東海道本線・山陽本線(JR神戸線・JR京都線・琵琶湖線)でこれまで運転されていた快速列車のうち,朝時間帯の大垣発および,夜時間帯の大垣行きの直通列車は,2016(平成28)年3月26日(土)のダイヤ改正により,米原発着に変更されます.
 これにともない,前日の3月25日(金)で,網干総合車両所所属の221系・223系・225系のJR東海区間への運用がなくなりました.
 乗入れ最終日の3月25日(金)は,姫路16時16分発大垣行きの804T列車(米原—大垣間は,1242F列車)の前6両の大垣行きは,221系B3編成が,網干17時06分発大垣行きの812T列車(米原—大垣間は,1246F列車)の前4両の大垣行きは,223系V46編成が,網干18時06分発大垣行きの820T列車(米原—大垣間は,1250F列車)の前4両の大垣行きは,223系V50編成が,それぞれ使用されました.

写真:大阪にて 2016-3-25

掲載