キハ47 1036が「ノスタルジー」塗装に

キハ47 1036が「ノスタルジー」塗装に

JR西日本岡山支社では「晴れの国おかやまデスティネーションキャンペーン」を春より実施しますが,そのなかで昭和30〜40年代に一般車両で見られた塗装を復刻した「ノスタルジー号」が津山線などを走ります.
 「ノスタルジー号」には,岡山気動車区所属キハ47形2両が充てられることになっていますが,2016(平成28)年3月2日(水)に後藤総合車両所からキハ47 1036が検査・塗装変更を終え,米子—鳥取間で試運転を行ないました(復路は定期257Dに併結).もう1両は後日出場するものと思われます.なお,キハ47 1036は最後の「ことぶき」塗装で,この塗装変更により「ことぶき」塗装は消滅しました.

写真:下北条—倉吉間にて 2016-3-2
投稿:奥澤 慎吾