キハ261系の構体が甲種輸送される

キハ261系の構体が甲種輸送される

2016(平成28)年1月12日(火)から翌13日(水)にかけて,JR北海道キハ261系の構体が兵庫→神戸貨物→黒山間で甲種輸送されました.兵庫—吹田(信)間は岡山機関区所属のDE10 1192が,吹田(信)からは富山機関区所属のEF510-22がそれぞれ,けん引しました.
 今回出場した4両は,新塗装になっており,川崎重工から新塗装の構体が出場するのは,今回が初めてです.

写真:京都にて 2016-1-12
投稿:宮原 竜

2016年1月13日掲載