『熊野大花火大会』開催にともない臨時列車の運転および定期列車の増結実施

access_time
2015年8月20日掲載
『熊野大花火大会』開催にともない臨時列車の運転および定期列車の増結実施

2015(平成27)年8月18日(火)に開催された『熊野大花火大会』に合わせて,最寄りとなる熊野市駅を通る紀勢本線では臨時列車の運転や定期列車の増結などが行なわれました.今年2015年の熊野花火臨には,8月1日(土)から紀勢本線系統において営業運転を開始したキハ25形が新たに加わり,0番台と1000番台との併結運転(写真)も見られました.また,平成25年度中に引退が予定されているキハ40・キハ48形も最大6両編成に増結され,運用に就いていました.
 なお,熊野大花火大会は8月17日(月)に開催される予定でしたが,悪天候のため翌18日(火)に順延となり,これにともない本来17日(月)〜18日(火)未明にかけて運転される予定だった臨時列車および定期列車の増結も18日(火)〜19日(水)未明に順延されました.

写真:鵜殿—新宮間にて 2015-8-18
投稿:鎌田 悠佑