美濃太田車両区のキハ40・キハ48形の残る5両が笠寺へ

美濃太田車両区のキハ40・キハ48形の残る5両が笠寺へ

2015(平成27)年6月30日(水)の運用を最後に営業運転から外れた,JR東海美濃太田車両区のキハ40形・キハ48形のうち,東京方からキハ48 6517+キハ40 6309(国鉄一般形気動車標準色ふう塗装)+キハ48 6815+キハ48 3815+キハ48 5810の5両が,2015(平成27)年7月29日(水)に笠寺へ回送されました.
 ミャンマー鉄道省への譲渡のため,同日中に東港・東名古屋港を経て名古屋港大江埠頭へ搬入されました.
 営業運転から外れたあと,美濃太田車両区に留置されているキハ40形・キハ48形のうち,今回残る5両が回送され,美濃太田車両区からは両形式が姿を消すことになります.

写真:岐阜—木曽川間にて 2015-7-29
投稿:安藤 正広

2015年7月30日掲載